背中を鍛える筋トレ


ラットプルダウンは、背中を鍛えるトレーニングマシンとして活用することができます。私たちの身体には広背筋と呼ばれている筋肉が存在するのですが、これは英語ではlatと呼ばれています。つまり、ラットプルダウンは広背筋を鍛えるためにバーを下すツールなのです。多くのジムにこの類のマシンが設置されていますが、どのように使えば良いでしょうか。

最初に行うのは、専用のシートに座ってバーを握ることです。この際に、握っている箇所と体の位置関係が正しくできているかどうかも、今一度確認してみましょう。具体的には、両手がアルファベットのYの字を描くように綺麗に伸びていれば、ひとまずは大丈夫です。次に、背筋がきちんと伸びているかどうかをチェックします。胸を張ってバーを引っ張るからこそ、背中を効果的に鍛えることが可能になるのです。また、バーを引っ張るときには息を吸い、元の位置に戻すときに息を吐くことを心掛けるのも、ラットプルダウンでは大切な項目。この息遣いで筋肉が上手く収縮します。

背中を鍛えることによって、全体的にプロポーションを整えられることに気づくでしょう。これを実感できるのは、あくまでも正しい姿勢や方法を維持してこそなのです。

脚を鍛える筋トレ


脚の筋肉を効果的に鍛えるトレーニング方法として馴染みがあるのが、レッグプレスです。中にはバーベルなどとレッグプレスを組み合わせたトレーニングに励んでいる方も居るぐらいです。いろいろな方法でアレンジできるレッグプレスですが、最初の段階ではまずはオーソドックスな方法で取り組んでみるのがおすすめです。

レッグプレスを行う際には、椅子に深く座ることを意識します。これは、トレーニング中に体が後ろにズレることを防ぐために必要なポイントです。次に、脚の位置についてはどうでしょうか。この際、ポジションがあまりにも高くなると、脚よりもお尻の筋肉にアプローチすることにもなりかねません。これでは脚を鍛えたくても本末転倒な結果になりかねないので、注意しましょう。そして設定する重さですが、最初は軽めに抑えておいて問題はありません。スタートの段階から重いと、脚に大きな負担をかけてしまうので望ましくないのです。あくまでも少しずつ負荷をかけていくようにしましょう。

レッグプレスは、脚の筋肉にフォーカスを置いて鍛えるには最高のツールであると言えます。しかし、本来の方法と異なった方法でマシンを使用すると、違った結果に繋がるので気をつけるようにしたいものです。初心者だと各マシンの正式な使用方法を知ってる方は少ないと思います。マシンごとに使用説明書きがあるジムもありますが、スタッフが24時間常駐しているスポーツジムもありますので、不安な方はスタッフに教えてもらいながら正確にマシンを使っていきましょう。

参考>>スポーツクラブ・スポーツジムならメガロス

ベンチプレス


ベンチプレスは、さまざまな筋トレの中でもポピュラーなトレーニング方法です。筋トレが趣味という方にとっては、ベンチプレスを抜きにはできないと感じることだって多々あります。重いバーベルをヨイショと持ち上げたときの優越感。この類の感情に浸れたときほど嬉しい瞬間はないぐらいです。筋力にしてもパンチ力にしても、ベンチプレスで鍛えることが可能なので、ぜひとも取り入れてみましょう。

ベンチプレスにトライする際は、バーの位置に注意するようにしましょう。具体的に言えば、上半身のみぞおちから乳首のあたりにバーを持ってくることができれば大丈夫です。このフォームが正しくできれば、腕を痛めることがないと言えます。次に、腰と左右の手足、そして肩をベンチプレスの台に接触していることを確認します。そこまで問題なければ、バーベルを身体の方に持ってきます。この際、反動をつけて行うのは良くありません。バーを身体の方に下したら、ここから思い切って上に向かってバーを上げます。そして一定の回数を完了したら、元々バーが置いてあったラックに戻します。

大胸筋を鍛えるためには必要不可欠のベンチプレス。最初は重く感じるかもしれませんが、ぜひともトライしてみましょう。

さまざまな筋トレ


筋トレを行う際は、必要に応じてさまざまな方法で試してみるのがおすすめです。そうすることによって、トレーニングにおける相乗効果を期待することが可能だからです。スポーツジムに足を運んでみると、多種多様なトレーニングマシンが設置されていることに気づくでしょう。これらの機械を上手く活用できれば、筋肉を効果的に鍛えられます。

いろいろな筋トレの中でも、取り組む人が多いと言われているのがベンチプレス。筋肉にかける負荷は決して軽くはないですが、だからこそ筋力を大きく鍛えることができます。また、ベンチプレスを上げたときには、どこか達成感があるのも醍醐味。次に、脚を鍛えるトレーニングもおすすめです。脚の筋肉が強化されれば、脚のケガなどのリスクを軽減できるし、何よりも下半身全体が引き締まります。そして、背中を鍛える筋トレも人気が高いです。背中が引き締まればそれだけスタイル良く見えますし、せっかく筋トレに励む以上は背中の見栄えも良くしておきたいと感じることでしょう。いわゆるラットプルダウンで背中の筋肉にアプローチができるのですが、この機械を使用する際に背中が曲がってしまうと言った落とし穴にはまりやすいのです。だからこそ、正しい姿勢をキープできているかどうか、今一度セルフチェックを心掛けましょう。これだけのことでも、後々になって結果が変わってくるのです。

こちらのサイトでは、さまざまな筋トレと鍛えられる部位について紹介。スポーツジムに設置してあるマシンをフル活用し、ボディメイクに励みましょう。